book

【本】レバレッジ・リーディング(本田直之 著) 読書本

ずっと本の紹介をしようと思っていたのですが、できておらず今回初めて本の紹介ブログを書きました。

レバレッジ・リーディング:100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ

本を読んだ経緯

本を読まないといけないと思いつつも読む気にならず、読み初めても読み切れない、なぜ本を読む必要があるのかわからない、と思っていたところ、大学4年生の時に図書館で偶然見つけた本。そういえば、本の読み方について学んだことなんて、人生でなかったなと思い、手にとって読んでみたところ、とても読みやすく面白くて1時間くらいで読み切ってしまいました。

この本を読んだのはおよそ1年前ですが、年間2〜3冊の読書量の私がこの1年で、50冊ほど本を読みました。正直もっと早くに出会っていたかったです。

本を読むべき、読まなきゃいけないけどなかなか読めない、本の読み方がいまいちわからない、という方に入門書として、とてもおすすめしたい1冊です。

本の概要

簡単に説明すると、読書は投資であり、1,500円程度の出費が将来その10倍になって自分に返ってくる。だから、本を買うことを惜しまず、目的を持って本を選び、その目的にかなうところだけを読み進め、他の部分は流し読みするという内容です。ビジネス書の読み方を紹介しているので、ビジネス書を読み進めたいという方に勧めます。

感想

さすが読書術を紹介する本ということで、本を読む意義から、選び方、本を読んだ後のフォローまで、わかりやすく解説してくれます。この本を読むことで、私は本は読まなきゃいけないという思考から、本を積極的に読みたいと思うようになりました。小学生の頃から本は全く読んでいなかった自分が、年間50冊を読めるようになったんですから、ぜひ読書が苦手な方に読んでもらい、読書が好きになってもらえるかなと思います。

また、この本の著者である本田直之さんは、レバレッジコンサルティングという会社を経営されている経営者で、1年の半分をハワイで、半分を東京で過ごすような生活をされていて、とても自由な生き方をされています。

最近、本田さんの本にはまっているので、他の本を紹介したいと思います。

ぜひご一読を。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です