Cambodia

プノンペン空港から市内中心地まで列車開通

こんにちは、たつおです。

つい先日、「世界の村で発見!こんなところに日本人!」でカンボジアが出ていたので、口を開けて見ていたら、俄然行きたくなりました、たつおです。

今回の旅人である北乃きいさんが訪れたのは、タイの国境付近ポイペトにある小さな村に住む日本人でした。番組の構成上なのか、ポイペトまで行くのにプノンペン空港に到着させられた北乃きいさんが可愛いそうでしたが、カエルを食べるシーンとか道中も面白かったですね。

僕がカンボジアで食べたカエル。 これは身がなく、全然美味しくなかった。

北乃きいさんのブログの写真を見たら、プノンペンからポイペトまで行く途中にアンコールワットに寄っていたっぽいですね。(https://ameblo.jp/kie-kitano/entry-12367320031.html)

ポイペトは、一度だけカンボジアからタイへの国境を超える時に行ったことがあったので、懐かしかったです。

そんなことは置いておいて、成長著しいカンボジアの首都プノンペンの空港から首都中心地まで列車がついに始動したそうです。

Phnom Penh airport train launches as free service until July 31

プノンペンの空港は利用したことがないので細かいことはよくわかりませんが、

プノンペンポストによると、

・プノンペン国際空港からMonivong Boulevardまでを45分間で結ぶ。

・20分間隔で24時間(?)運行

・座席とエアコン付きの車両で100人まで乗車可能

・乗車中窓の外に、10km小さな家と小屋が続く風景やたくさんの子どもが遊ぶ風景が見られる(←素敵)

・リリース元のRoyal Railwayによると、6月にはTVやwifi、トイレ付きで新たな車両がメキシコから輸入され、45分の移動時間が25分間に縮まる。

・7月31日までは無料での乗車が可能

ということでした。

 

今までtuktukやタクシーしかない交通手段に電車ができたのは、楽しみですね。

便利になったのでしょうか。

ぜひ乗ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です