travel

【旅の失敗談】エンゼルス観戦後、終電を乗り間違えて詰みかけた話

こんにちは、たつおです。

アナハイムにてナイトゲームで大谷選手の試合を見た後、終電で空港へ向かわないといけないのに、電車を乗り間違えて詰みかけました。さいわい、次の駅で降りて困っていたところ親切な警備員のお姉さんに助けられ、無事に帰ってくることができました。この経験が役にたつかどうかはわかりませんが、無さそうであり得る話かもしれないと思い、アナハイムで終電を間違えた人・逃した人向けに真夜中にロスに戻る方法を書きます。方法としてはバスを使います。

アナハイムからの終電を逃した場合

アナハイムリージョナルセンターで、Amtrakのロサンゼルスユニオン駅行き23:45発のバスに乗る。

それも逃した場合は、1:45発のバスに乗る

※バスが来る詳細な位置は、分からないので現地で調べてください。

乗る方向を間違えた場合

アナハイム駅の次のサンタアナ駅で降車

降車した駅近くのバス停から、上記と同じくAmtrakの23:30発のバスに乗車

それも逃した場合は、1:30のバスに乗る

※バスが必ず来るという保証はできません。

エンゼルスタジアムでナイトゲーム観戦

その日は、アメリカ旅行の最終日でした。2週間の旅疲れを癒すのと、旅の目的である大谷選手の試合を見るべく、カリフォルニアのアナハイムにあるエンゼルスタジアムへ電車で行っていました。翌朝8時にロスから日本へ出発予定だったので、23時アナハイム発ロス行きの電車に乗り、ロスで0時ごろのバスに乗り空港へ行く予定でした。※よく考えるとこれが結構無茶な旅程でした。絶対に真似しないでください。

悲劇。ロス行きとは反対方向の電車に乗る

アナハイム駅はスタジアムから見える距離にあります。ロス行きの電車が遅れているという表示もあり、少し時間に余裕もあったので安心していました。電車がくるホームで待っていたところ、到着時刻の表示より3分くらい前に電車が来ました。やったー、ちょっと早く来た!ラッキーと思い、この電車に乗ったのが間違いでした。。

電車が動き出すと、行きたい方向とは反対方向に進みだしました。

え?ってなった。

ロスから遠ざかってない?

やばいやばいと思い、冷や汗を垂らしながら乗員を探して、

「これロサンゼルス行きますか?」って聞いたら、

「No. This train bounds for San Diego.」(いや、この電車はサンディエゴ行きだよ。)と言われました。

そもそもサンディエゴってどこや?と思いながら、頭の中はパニックでした。

「Did you check the destination? You should check and hear the announcement.」(目的地は確認したの?アナウンス聞くべきだよ。)と言われた。

いや、アナウンスは聞いてたけど、サンディエゴ行きのことわからんかったし、そもそも目的地と反対行きの電車が同じホームに、しかもほとんど同じ時間に来るなんて、まさか夢にも思わなかったよね。。。

乗るはずの電車が終電だったので、ダメもとで「ロサンゼルスに行きたいんですが、、、」と聞くと、

「OK. I will check.」(確認してあげるよ)と言われました。でも、時刻表を見てすぐに「もう、電車はおそらくないなー。とりあえず次の駅で降りなよ。電車が遅れてるかもしれないよ。」と言われました。確かに電車が遅れていたし、次のサンタアナ駅まで、5分くらいの距離だったので、電車のなかで間に合うように祈りました。

ところが、その瞬間無情にも反対方向へ向かう電車とすれ違いました。

(終わったな。。。)心の中でつぶやき、次のサンタアナ駅で降りました。

サンタアナ駅でAmtarkのバスに乗車

もうほとんど人がいない23時30分ごろ、電車がまだ来てないかそこらへんの人に聞いてみる。でも、やはり行ってしまったということだった。もう人に頼るしかない。。。

近くにいた優しそうな警備員のお姉さんに、

「今からロサンゼルスのユニオン駅に行きたいんだけど、、、」と聞く。

「今から? さっき電車は出たし、電車はもう無いよ。一つの手段としては、バスを捕まえること。この駅からはグレイハウンド(バス会社)がよく出ているし、今からネットで予約してみたら? 直前でも予約さえできれば、乗せてくれるかもね。」

(かなりの早口でネイティブの英語だったけど、こういうピンチの時だけ、めちゃくちゃ英語が聞き取れるようになって、スラスラ話せるのはなぜだろう。英語が聞き取れない、話せないと言う人は、一旦英語しか通じない状況でピンチになればいいと思う。きっと使われていない能力が顔をだす。)

なるほど。その手があるかーと思い、お姉さんにありがとうと告げて、サンタアナ駅の待合所で、Wifiを探す。まさかこんな自体になるとは思わずこの旅には、ポケットWifiも持ってきていなかった。

Wifiは見つかったものの、何回やってもWifiに上手く繋がらない。。。電波はあるけど、ログインしないと繋がらない仕様だった。10分ほどスマホと格闘していたけど、どうにもならなさそうだったので、もう無理だ、Uverさえ呼べない。。。と絶望しかけていたところ、さっきのお姉さんが心配してくれたのか、

「どう?予約できた?」と聞いてくれた。

「いえ、、Wifiがなくて。。。」と泣きそうな顔で言うと、

「OK. ここには、Amtrak(全米鉄道旅客公社のこと)のバスも来るの。確か24時ごろに次のバスが来るから、その時にAmtrakの人に話してあげる。上手く行けば乗せてくれるかもしれないし、Amtrakのチケットもいらないかもしれない。ただ、そうするのはほとんど珍しいケースだからあてにしないでね。」

もう本当に、感謝である。少し経つとAmtrakのバスが来て、お姉さんがバスの運転手に話してくれた。Amtrakのバスの運転手さんも優しいおばちゃんって感じの人で、2つ返事でOKしてくれた。ただ、ロスのユニオン駅でお金を払ってもらう必要があるから、駅に着くまでパスポート預からせてねと言われた。バスに乗るとそこからはあっという間で、ユニオン駅まで1時間くらいで行くことができた。途中、アナハイム駅にも寄っていた。予約が入っていたりすると乗降車のために、立ち寄るのかもしれない。

ユニオン駅についた後、支払いのためにAmtrakの窓口まで運転手と一緒に行ったが、予約していたアナハイムからの電車のチケットを見せると支払いはいいよと言われた。

一時は日本に帰れないんじゃないかと思ったけど、ユニオン駅から深夜のFlayawayバスに乗り、なんとか空港までたどり着いた話でした。

この記事を書くために、Amtrakをよくよく調べてみたところ、アナハイム駅、サンタアナ駅からロサンゼルスユニオン駅行きのバスが出ていることがわかりました。ただし、予約が入っていなかったりすると、バスが来ないこともあり得るかもしれないので、実際にたどり着けるかは怪しい。

エンゼルスでナイトゲームを観る日は、余裕を持って宿泊するようにしましょう!

1 thought on “【旅の失敗談】エンゼルス観戦後、終電を乗り間違えて詰みかけた話”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です