life モヤモヤ

すぐに試せる!やりたいことを見つける3つの方法

 

他人の意見で自分の心の声をかき消してはなりません。最も大事なことは自分の心と直感従う勇気を持つこと。それらは自分が本当になりたいことを知っています。

 

この言葉は、Appleの創設者スティーブ・ジョブズが、2005年にスタンフォード大学の卒業式で卒業生に対して送った言葉です。スティーブ・ジョブズは、明日死ぬとしたら、今日自分は本当にやりたいことをやるのか。自分がやりたいことをやろう。そしてやりたいことをするために、自分の心の声に従う勇気を持とうということをこのスピーチで伝えています。

人は誰しも、好きなように自分のやりたいことをやりたいはずです。やりたいことを毎日することができれば、日々充実感を持って生活ができますし、後悔のない人生を送れます。

でも、「これができれば自分は幸せだ」という本当にやりたいことを見つけることは簡単ではありません。すでに見つけている人はいいとして、そこにたどり着くために苦労している人はたくさんいます。

僕もその1人で、中学2年生くらいからやりたいことを見つけたいと願って、いろんなことを試してきましたが、一生をかけてやりたいことは、まだはっきりとは見えていません。ですが、ゆっくりでも悩みながらでも行動を重ねていくことで、最近やりたいことがうっすら見えてきました。

そこで今回の記事では、まだやりたいことが見えていない、悶々としていた3年前の大学生時代の自分にメッセージを送るつもりで、やりたいことがわからない人に向けてすぐにでも簡単に行動にできる方法を3つ紹介します。就活をしているけど、軸が定まらない。やりたいことがわからず、悩んでしまうことが多い。何か原動力が欲しいという人は読んでみてください。

誰でも簡単にできるやりたいことを見つける3つの方法

ちょうど3年前の自分と今の自分を比較してみると、大学生だった当時、時間が有り余っているのに、休日は家に引きこもって、何かすることをためらい、やりたいことがわからずモヤモヤしてとても辛かったです。でも、今は時間を作り出してでもやりたいことができ、休日はほとんど必ず朝7時までには起きて、行動しています。早いと5時半くらいに起きて、1日を開始します。具体的にはこのブログを書いたりどこかに出かけて写真を撮ったりしています。一生をかけてやることになるかどうか今はわかりませんが、行動の源が自然と溢れる状態になっています。

では何をしたら、ここまでの状態になれたのか。全てを紹介することはできないので、自分が効果的だったと思う、誰でも簡単にすぐにできる方法を3つ紹介します。

1.ストレングスファインダー

客観性もあり、一番簡単にやりたいことを見つけるために試せることは間違いなくストレングスファインダーです。ストレングスファインダーは自分の強み(特徴)を見つけるためのツールです。有料ですが、オンラインで177の質問に答えるだけで、あなたの強みを教えてくれます。

そして単に強みを教えてくれるだけではなくて、診断結果をもとにその後の行動の取り方を示唆してくれます。また、結果を元に自分に向いていることや職業を考えることができます。

ただ、結果は自分の言葉ではなく他人の言葉で語られます。診断だけに頼ることはオススメしません。目的に従って上手に使いこなす必要があります。ストレングスファインダーを参考に自分のやりたいことを考えるのがオススメです。

こちら、診断の受け方は3つあります。

1.書籍を購入し、付属のアクセスコードで診断する方法

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

  ※本に付属しているアクセスコードを利用する必要があるので、必ず新品を購入してください。

2.公式サイトから直接アクセスコードを購入し診断する方法

ストレングスファインダー®の受け方・診断方法(他サイトのリンクを貼ります)

3.スマホアプリをDLして、スマホで診断する方法

CliftonStrengths™

CliftonStrengths™
開発元:Gallup, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2.ひたすら書き出す

これは僕の自己流のやり方ですが、自分が思っていることや考えていることをひたすら書き出してそれを試していく方法です。誰しも何かしら、「絶対に」やりたいことはあります。それを思うままにノートやメモ帳などに書いていき、それを片っ端から小さくでも良いので行ってみてください。

とはいえ、何も思いつかなくて苦労している人もいると思うので、書き出すコツをいくつかお伝えします。

  • もしも、使えるお金に制限がなかったら何をしたいですか?
  • 欲望に従ってみる。1日中寝たい、美味しい何かを食べたいなど。まずは心のリミット外してあげて、書き始めてみる。
  • やりたくないことを書いてみる。

最後のやりたくないことを書くにというのは、やりたくないことは出てきやすいからです。

僕の場合、例えば

  1. 自由に考えることができないこと、考えられない環境に身を置くこと
  2. 一生を日本だけで暮らすこと
  3. 寒いところで暮らすこと

などがあります。裏を返すと

  1. 自由に考えること
  2. いろんな国で暮らすこと
  3. 暖かい国で暮らすこと

がやりたいことになります。

こう考えると書き出しやすいのです。そして、できることをどんどんすぐに行動にしてください。何か違う景色が見えるかもしれません。

3.Youtubeを見る

3つめはYoutubeです。今は、Youtubeでやりたいことや好きなことの見つけ方について、解説をしているチャンネルがたくさんあります。そういうチャンネルを探して、How toを学ぶ方法をオススメします。

僕も大学3年生の時、カンボジアでインターンしようと決意するキッカケになったのが、冒頭で紹介したスティーブ・ジョブズの伝説のスピーチをYoutubeで見たからです。

参考までに僕が今まで見た中で、感銘を受けたチャンネルを紹介します。

①YouTube講演家 鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)

https://www.youtube.com/channel/UCq3Ct-r3-XbGxDiG7BGu2dQ

世界を変える熱い男として名を馳せ、まずは登録者数102万人(=日本の法人1社当たり2鴨Tuber)を目指して、本気で世界を変えようとしている方です。哲学的な考え方や生き方について、時代を捉えた解説しているので、メンタルがやられているときに頼りになります。

②メンタリスト Daigo

https://www.youtube.com/user/mentalistdaigo

少し前にメンタリストとして、テレビ出演されていたのでご存知の方が多いと思います。Daigoさんは、本や論文など科学的な根拠をもって解説しているので、客観性があり、納得感を持ちながら方法を知ることができます。

③マナブ

https://www.youtube.com/channel/UCb9h8EpBlGHv9Z896fu4yeQ

マナブさんは東南アジアに住まれていて、ブログやYoutubeなどで、ブログやプログラミンでの稼ぎ方、生き方について発信をしている方です。経験に沿って、有益な情報だけを発信されていて、とても参考になります。仕事に行き詰まった時や人生に疲れた時は、マナブさんの動画を見ることをオススメします。

そして動画から得た情報を元に、動いてみましょう。

いかがでしたでしょうか。

やりたいことを見つけるのは簡単ではないですが、少しでも、0.1ミリでも行動することが大事だと思います。行動することで見える世界が変わり、さらに行動することで必ず状況がよくなります。自分も今から3年後、振り返った時に今より何倍も成長してやりたいことができるようになりたいと思います。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です