Cambodia

カンボジアで2つの新たな州が承認

クメールタイムズ紙から以下のような報道が。


カンボジアで2つの新たな州が承認

カンボジアのフンセン首相は、8月31日新たに2つの州を創設することを承認した。1つはカンダール州から、もう1つは、モンドルキリ州とラタナキリ州から切り離されつくられる。

これによりカンボジアの州は26になる。

Sar Kheng内務大臣は行政、安全保障、公的秩序、地方開発、公共サービスの有効性を改善するための政府措置を要求。

該当地域調査のための関係者への協力、そして首相への諮問のために技術専門官を任命する。

また、Kheng大臣は、2019年5月に行われる次の選挙で、政府が首都、都市、州、市町村、地区、Khan(カンボジアの行政区画)における議席数を調整するために、予備工作をしたいと語った。


クメールタイムズ紙 2018/8/31より

新たに創設される州は首都のプノンペンを取り巻くカンダール州、そしてカンボジアの北東に位置する、モンドルキリ州とラタナキリ州から分離されてつくられるようです。

現在の日本でいうと埼玉県あたりに1つ、青森・岩手あたりに1つ新たに都道府県ができるイメージでしょうか。

国務省秘書官によると、

「調査はまだ始まっておらず、どのようなインパクトを与えるかわからない。」

「人口増加に伴って国を発展させ、国民をより簡単に治めるようにしたい」

とのことでした。

次の選挙までに準備は間に合うのでしょうか。動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です